コンテンツへスキップ

昨日はお友達とランチをした帰りに、子供たちを連れてお気に入りの広い芝生のある公園に行きました。そこには大小2つのローラー滑り台があって、2歳の娘はいつも小さな滑り台ばかり滑っていたんです。大きい滑り台はスピードが出ることと距離が長いこともあり、小学生くらいのお兄ちゃんお姉ちゃんがすごいスピードで滑っているので危なくて近寄れなくて。

でも昨日は娘と同じ年齢くらいの子が2,3人いるだけで長い滑り台も貸切状態!まずは小さな滑り台でたくさん遊んだ後、大きい方に挑戦してみました。結果、娘は大のお気に入りになり何度も何度も繰り返し滑りました♪滑り台が長い分何段も階段を登らないといけないのですが、ちゃんと自分で登って滑ることが出来ましたよ。

娘はわりと慎重なタイプで、今年初めて行った海では怖いと大号泣し、以降一歩も海には入らず浜辺でお砂場遊びをしていたほど。そんな子なので上に立つと怖がるかと思いきや、母を置いてシューンといってしまい、なんだかお姉さんになったような気がしました。それにしても、子供が楽しそうにしている様子を見るのは本当に癒しですね。

滑り台を滑っただけで目をキラキラ輝かせて「もう1回!」なんて言ってくれるので、母もつい張り切って何度も付き合ってしまいます。ローラー滑り台では案の定お尻が痛くなっちゃったんですけどね。

24時間テレビが終わった。今年は100キロマラソンランナーが当日まで発表れないということで、当日まで候補者の中の誰が当たるのかなぁとこちらまでハラハラドキドキでした。

24時間で100キロといわれても、数字が大きすぎて、もう全然早いのか遅いのか、ピンと来ないのだけど、やはり毎年ゴールギリギリでどのランナーさんも疲れ切ってて、応援にこたえながら武道館目指している姿は充分ドラマチックだったりするので、楽ではないはずだな、というのは分かります。

しかし考えてみたら、人間の歩行速度が通常時速4キロだとして100キロ行くなら100÷4=25時間。マラソンしていくから多少速くなると言ったって、24時間走りっぱなしはさすがに酷。休憩とか、睡眠とかどうしてるんだろう…。と考えてしまいます。

あらかじめこの日走る!って分かっててもこれだけのハードワークを考えたらしんどいと思うのに、今年のランナーは、ブルゾンちえみだったけど、当日告知で心の準備も追いつかないまま、でもしっかり時間内に走り切ってて、すごいなぁと思いました。

体ももちろん作ってただろうけど、それでも「走るかどうかは当日次第」なんて不確定の状態から「はい、走って!」と言われたら、自分ならそこで心が折れそうです。体ももちろんだけど、メンタルの強さも何かやり遂げたいという時には大事だなぁと思いました。

皆様、こんにちは(^-^)今日も真夏の8月のはずなのに、もう夏も終わるんじゃないかと思うような涼しい気候です。
元気に鳴く蝉が悲しく感じますね。

最近、連日のように芸能人の不倫が取り上げられていますね。
不倫と言えば、昔は男性がするものというイメージでしたが、今では女性の不倫報道もたくさん目にします。

一度、永遠の愛を誓った相手がいるのに、なぜ不倫をしてしまうのでしょうか??

そもそも、不倫なんてしたら家庭を失うのは勿論のこと、社会的にも抹殺されるようなリスキーなことだと思うのですが…。

そういったことを忘れてしまうような、魅力的な要素を持った人が芸能界にはいっぱいいるから、一般人とは感覚が違うのかな?
一般人の代表のような私の周りには、そんなリスクを冒してまでときめくような相手は存在しません(笑)

でも、結婚しても誰かにときめくことができるなんて、逆にすごくない?
特にお子さんのいる方。子供が生まれた瞬間、そういった感情はどこかに消えて無くなった私からしたら、ある意味尊敬…(笑)

…なんて冗談はさておき、やはり一生を誓った相手を傷付けることは絶対にダメだと思います。
おいしいところだけ取ろうなんて、世の中そんなに甘くないはず。
不倫はいつか必ずバレます。自分が想像している3倍くらいのところにも迷惑をかけるはずです。

不倫って、最初はパートナーへの小さな不満から始まるのではないかと思う。
でも、きっと同じくらいパートナーにもこちらに対する不満があるはず。

長年一緒にいると傲慢になりがちだけれど、お互いもう一度、思いやりの気持ちを再認識することが大事なのかな、と思いました(^^)

10月に九州でテニスの合宿をする事になり早速宿探しを開始いたしました。日程は10月7・8と1泊2日。社会人にして「学生みたいなことするなよ!」という感じですが何か楽しみがないと仕事がやってらないというのがまた事実。しかしまあ、にいて映画悪くて体育の日とぶつかってしまうので何処もコートや宿が大会で空いてないのです。「ガビーン」。で1日がかりで合宿をプランニングして頂ける会社に問い合わせてみたり自分で探してみたりしてやっとのことで、候補を2つ上げました。テニスコートは公共のものが多く、どこでも1ヶ月前からしか予約ができないそうです。なんで取れなかったら宿探しからしないといけないので大変。錦織選手でテニスフィーバー来てるんですから、もっとコート増やしてよと思う今日この頃ですがまあ話していても仕方がないので、とりあえずサークル会議にかけて、結論、金額と条件が担うとこに行く!という結論が出て、まだ多分暑いだろう時期に、海辺のテニスコートでテニス合宿!をする事になりました。朝集合のお昼食べて、1~17時まではテニスしたり、観光したり自由時間。夜はBBQで翌朝は団体戦だ~!!!絶対焼ける・・・まあ、あえて翌日休みの時を当てたので、翌日は1日しんどく予定ですけどね~これから準備が大変だ!!いろいろ遊びだけじゃなく仕事も頑張ります。!

"私は、出産してから、毎日酵素を取り続けています。酵素と言うものをご存知ですか?
最近よく話題になっていると思うのですが、体の中でいらないものなどを運ぶ手助けをしてくれるものです。

私はこの酵素と言うものを、友人から教えてもらいました。
その友人は中学からの部活の友人で、一番付き合いが長い友人です。
その友人のお母さんが酵素を作っている会社に勤めていて、お勧めだから飲んでみてと言われてからずっと飲み続けています。

酵素を飲み始めてから感じたことは、まず朝起きるのがとても楽になったという事です。
今までは、朝起きてもだるくてだるくて仕事に行くのも億劫な感じになっていたんですね。
けれども、酵素を飲み始めてから目覚めがすっきりして、そういうことがなくなったんです!
それだけ体の中に不要物があって、その不要物を酵素の力で取り除いてくれたんだな、と実感することが出来ました。

酵素は最低でも4か月は続けないと効果が現れないそうです。
その理由は、人間の細胞が生まれ変わるのには約120日間もの時間がかかるからだそうです。
飲み始めたからと言ってすぐに効果がでるわけではないのですね。
私はこれからも酵素を飲み続けて、体に良いことをしていきたいと考えています。"

子どもの授業参観に行きました。今小学2年生でまだまだ親が来るとみんな嬉しいようです。参観少し前に教室の前で他のお母さんたちと授業が始まる前の教室を見ていました。

走り回って遊んでいる子や、掃除当番なのか真っ黒の水が入ったバケツの水を手洗い場に捨てに行く子や、「先生ー!僕のお母さんがまだ来てませーん!」と窓から乗り出さんばかりにお母さんを探す子など色々です。

その日は算数の授業でした。378と375どっちが大きいかと言う内容でした。(大きな数字というのを習ったばかりでした。)

「378が大きいです。」と誰かが答えると先生は、「どうして378が大きいと分かりますか?」と質問しました。

どうしてと聞かれると、当たり前過ぎてどう説明するのかなと私は一瞬考えてました。

すると一人の子が、「百の位と十の位は同じ数です。だから一の位を見ると8と5の差が3なので378が大きいです。」と答えました。

成る程そういう説明かと思いました。同時に小学2年生てそんな感じなのかと思いました。

そして、始めて学ぶ人達に何かを教えるとはとても難しいことなんだなと思いました。(2年生から急に勉強らしくなり、進むスピードも早くなりまし。)それを毎日毎日考える先生はすごいなと思いました。

昨日私は母とショッピングモールへ買い物に行きました。春物を買いに行こうという話になったのです。

ショッピングモールに着くと、前に行った時になかったお店ができていたり、リニューアルされていたりと変わっていました。

服はオフショルダーのものやVネックのものが多かったです。

色は白黒はもちろんピンクや黄色、水色が多かったと思います。

どの服もデザインや柄がとてもかわいいものばかりで目移りしてしまうほどでした。

あまりにも迷いすぎるので、いったん洋服店を出てカフェでお茶をしてから改めて選ぶことにしました。

結局トップスを2着、ロングスカート(ベルトとセット)を1点、インナー1点を購入しました。

この春は沢山おしゃれをしてみようと思います。

最近、映画を観なくなってしまいました。もともとかなりたくさん観る方で、本格的に観るようになった高校生の時から、夜中や休日にじっと画面やスクリーンを見詰めていた気がします。

学生時代は、バイトをするか、本を読むか、映画を観るか、眠っているかという生活だった気がします。当時は懐かしきミニアシアターブームでもあり、いわゆるハリウッド作品以外のものも観るようになっていました。

なぜ観なくなったのかというと、単に時間がうまくとれないからと、あとは自分が偏狭になったせいもあると思います。もともとの傾向として「え、そんなの観るの?」と言われるような作品も好んで鑑賞する程マニアックなところがあり、その自分の趣味に飽きてしまった事もあります。

大作も好きなのですが、どれを観る、というとやはりすこし変わったものを選ぶことが多いです。最近は、空いた時間に脳内で自分の好きな映画をプログラムして上映していたり、それがレンタルできる作品であれば、借りてきて浸っていたりします。

ネットで手軽に観ることはできますが、個人的にそれは鑑賞とは違う行為で、ただ観る、という感覚です。ちなみに、眠る前に好きな映画のシーンを脳内再生するとよく眠れます。映画館にも行きたいなーと思いますが、なかなか生活の中に映画を見にいく、という行動を組み込むことが出来ません。

つまらないので、今年こそ、と意気込んでいるうちに時間が経ってしまいました。仕事を終わらせて、翌日は休日にし、レイトショーに行くというのが一番今憧れるパターンです。