コンテンツへスキップ

子どもが幼稚園に通っていたころ、毎日の送り迎えやPTAの作業や会議で、毎日何かしら外出し、人に会ったりしていましたが、小学校に入学して一段落がつくと、買い物以外ほとんど外出せず、一人でテレビを見たり、スマホを触る時間が増えていきました。

1か月ほどが経った頃、「だめだ!このままでは人間がダメになる!」と突然思い立ち、その勢いのまま仕事を探し、最初に見つけたのが配達の仕事でした。

久しぶりに履歴書を書き、十何年ぶりかの面接に緊張しながら話をさせていただき、ありがたいことに仕事をいただくことができました。

大したお給料はもらえないけど、それでも子供や家事以外のことで外出できる喜びができ、私なりに楽しんで仕事ができました。

そして、嬉しい悲鳴も。どうしても減らなかった体重が徐々に下がっていき、みんなに「痩せたね」と褒めてもらえました。

私的には、これが最大の喜びで、お小遣い稼ぎができて、痩せることもでき、万々歳でした。

結局、2年ほどで仕事自体が無くなり、契約が切られましたが、残念と思うよりも、次の道に進むことになったと前向きに思うこともでき、今は感謝しかありません。

あの時、なぜ突然「ダメになる!」と思ったのかわかりませんが、そう思わせてくれた何かに感謝し、今はポジティブに進む楽しさを満喫中です!