コンテンツへスキップ

先日、ベトナムに行って来ました。

初ベトナム!!しかも、行先はベトナムの地方都市のダナン。

ガイドブックはホーチミンやハノイといったメジャー都市ばかりでダナンのページはほんのちょっと。

よって、お土産を考えあぐねていたのですが。

たまたま入ったカフェで飲んだコーヒーが美味しくそれを袋ごと自宅と実家用に2袋購入しました。勿論、ベトナム特有の金属で出来たコーヒーフィルターも。

けれど宿に戻って吃驚。

なんと買ったのは挽き終り粉になったタイプではなく、豆のままのタイプだったのです。

(家にコーヒーミルなんて洒落たものないぞ…)

急いでアマゾンでコーヒーミルを手配し帰国後、コーヒーミルを使って生まれてはじめてコーヒーを豆から挽いて飲んでみました。

思いのほか時間と握力を使ってコーヒーミルから取り出したコーヒーの粉は、香料でも付いているんじゃないかと思う程。

ベトナムで飲んだものは、恐らく挽いてから時間が経っていた為かここまで香り高くはありませんでした。

見るからに味が濃そうな粉末を金属のフィルターに詰めて上から中蓋を落として、熱湯を注ぐ。

すると、ふわりとコーヒーの香りを伴いながら湯気が立ち上りぽたぽたと液体が下に落ちる音が聞こえてきました。その音が止まったのを見計らってフィルターを上げてみると案の定、普段見慣れたアメリカンよりもずっと濃い色をしたコーヒーの池が出来ていました。

「美味しそう」

思わず、独り言がでる程の香りと色。

ブラックが苦手な私もこのまま飲んでしまいたい衝動にかられ、思わず一口口に含みました。

その瞬間、ぶっわ!!と広がるコーヒーの香り。その割に苦味は少なくするする喉に落ちていきます。

そのままぐいぐいいきたくなる気持ちを抑え、牛乳を加えカフェオレにするともう最高。

本当は、ベトナムコーヒーは練乳を加えるのが正解なのですがそこまで甘党ではない私は牛乳で頂きました。

それがもう、筆舌し難い位に美味しい!!普通、牛乳の香りでかき消されてしまうコーヒーの香りが消されずふんわり口に広がります。牛乳を多く入れているはずなのに、牛乳の味ではなくきちんとコーヒーの味も生きている。

(本物のカフェオレって感じ…)

そんな気分になったのは初めてです。

以来、時たま豆を購入しては自分で挽いているのですが専門店で購入していないからかまだベトナムのコーヒーを超えるコーヒーには出会っていません。

気分的なものもあるんだろうけど、あの味を求めてまたベトナムに行ってしまいそうです。