コンテンツへスキップ

職場に制服がないと、女性は毎日着る服に困りますよね。

先日、勤務先の社内メールで仕事場での私服に関する注意が来ました。

書かれていたのは「派手じゃないこと」「お客様に不快感を与えないこと」の二つだけ。

派手すぎないようにというのはまだわかりますが、不快感を与える与えないは、見る側によるので、お客様からクレームが来てしまえばどうしようもありません。

この注意メールもクレームがどこかであったから来たのかもしれませんが、しかし、注意点がすごく曖昧で…更に悩むことになってしまいました。

私の勤務先は事務系ですが、一部接客もあるためか、良識は求められて当然だと思います。

とは言っても基本的には服装自由の仕事場です。

少数ではありますが、真っ赤なブラウスや、柄物のワンピースを着ている人もいるのです。

女性のおしゃれは服装だけでなく、髪型、メイク、アクセサリーも楽しみですが、明るい茶髪に濃いメイク、ネイルアート、ピアス等々…やはり派手すぎるのでは?と思うような人がいます。が、指摘はされないようです。

私はそんな勇気がなく、いつも同じような地味な服を、仕事用にと何着も買って着回しており、髪色その他目立つものは避けて無難に済ませています。

毎日スーツ、といったように決まった私服を自分で制服化してしまえば良いと言われたりもしますが、そうすると今度は周囲から「毎日同じものを着ている」と陰口を言われたりするので面倒です。

実際パンツスタイルから気分転換にスカートを履いていった日に「彼氏できたの?」と直球で言われ、参りました。

お客様だけでなく、同僚や上司の目を気にしなければならないのも、女性特有の悩みですね。

でも、そもそも仕事をする場所ですから、そんなことでストレスを溜めても無意味ですよね。

今後は周囲の目をあまり気にせず、徐々に好きなアイテムを取り入れて、仕事中も気分良く過ごせるような適度なおしゃれを模索していく良い切っ掛けになったかもしれません。