コンテンツへスキップ

先週の金曜日からずっとさらに日差しがきつくなってクソ暑さが続いているが、今日も昨日よりもさらにクソ暑さが増している。わが地域でも気象台で37度台を記録した。ここのところでは岐阜県がダントツの1位を独占していて、多治見で40度を記録したとかとニュースで言っている。

しかしそれは気象台の気温だ。日陰で風通しの良い場所だ。だからこの気温は当てにならない。自分が持ち歩いている温度計こそが信じられる値だ。さてその温度計も日陰に置いている。そして風通しのある場所においてる。しかしそれは車の後部座席だ。ちょくちょく確認しに見に行ってるが、今日は朝から32度台で昼は44度を記録していた。

そのため屋外作業はさらに過酷さを増している。今日はすでに500mlだけでなく、それをさらにもう1本飲み干してしまった。しかし水を多量に飲めばいいというわけでもなさそうだ。かといって飲む量を減らしてもいけない。水を多量に飲めば体内の塩分濃度が低くなるので、それで何か体調がさえない。

だから塩分をとれといってポカリスエットとか経口水を勧めてくるのだが、あれは味がいけてない。そうだ!!ポテトチップスがあるでないか!!確かに手元にポテトチップスがある。でも考えた。これは小袋でないから、一気に食べないと残された分は湿度で段々湿気てくるではないか!!困ったもんだ。ちなみに今日は夜はスイカを食べた。

唐突にチャーハンを作りたくなって、ケチャップチャーハンを作りました。

冷蔵庫の中にあった卵とウィンナーとケチャップ、油を引っ張り出してきて思い付きで切ったり混ぜたりして作っていました。

じつは、今までチャーハンを作った経験が全くなくて今回作るのが初めてでした。

「チャーハン=ご飯がパラパラ」とだけ認識していて具材は使えそうな物を出しての思いつきで作り始めました。レシピも調べずにやりましたが、見た目はケチャップチャーハンとして成り立っていました。

問題はそのあとです。

味見をめんどくさがってやらなかったので、実食で「味が薄すぎる…!」と失敗したことを確信しました。

あとでケチャップを足して混ぜてどうにか食べられましたが、「誰かに出したりしなくてよかったな~」と思いました。

ご飯のぱらっとした感じや具材の火の通り具合は出来ていて惜しい感じの仕上がりでした。

とはいえ、はじめて作ったことを考慮すれば致し方ない点もあります。

次こそは美味しく作れたらいいな、と思う出来事でした。