コンテンツへスキップ

先日、近所で緑化市が開かれていたので、行ってみました。そこには、様々な植物の苗が売られていました。どうせなら実がなる苗を育ててみたいなと思い、柿、みかん、すだちなどをみていたところ、なんとシャインマスカットの苗があるではありませんか。

シャインマスカットは最近よくスーパーでも見かけるようになりましたが、とても高いです。一房千円超えです。しかし味は甘くてプリッとしていて流石このお値段はしますよねという味です。

それが自宅で収穫できるなんて!と思い思わず買ってしまいました。しかし、苗といっても今のところただの枝のみです。葉っぱのような緑の部分はゼロです。なんなら幹もありません。

ただの一本の棒状態です。この棒を見て、まず誰もシャインマスカットと思わないでしょう。実がつくまで最低3年はかかるそうです。桃栗三年、シャインマスカット3年です。

しかも雨のかからないところ、育ってきたら、藤棚のような屋根も必要になってくるそうです。さすがシャインマスカット。一筋縄ではいきません。だからお値段も高いのだと思います。

しかし、自宅でシャインマスカットを収穫という大きな夢のために、コツコツ毎日お世話していきたいと思います。

「インスタ映え」と言う言葉はとても頻繁に使われる様になった最近、どの女の子達のSNSを見ても、「インスタ映え」にこだわり、自分がどれだけ最高な人生を送っているか、などと見せる様な感じが多く、どれも同じに見えてしまいます。

おしゃれなレストランやカフェに行くと、インスタ映えになる様に写真を取り、とにかく載せていくと言う女子達ですが、食べ物ばかりをSNSで見ても、それがどうしたのか私にはあまりわからず、最近では、色々なSNSの自己紹介の場所やプロフィール写真まで食べ物の写真が多くあります。

食べ物をたくさん楽しく食べれる人は、楽しい人生を送れているのは分かるし、楽しそうですが、たまにそれが多すぎて笑ってしまいます。そこで、数年前は何が流行ったんだろう?と考える様になりました。

今は何でもインスタ映えな食べ物ですが、数年前は、どんな写真が流行ったのだろう?と考えるのも楽しくて、そんな私も暇人なのかな、と考える様になったりしています。

数年後は、食べ物じゃなくて、何をSNSに載せるのが流行るのでしょうか?高級ホテルとか、行った場所で満載されるのでしょうか。昔から女子には、流行りと言う物があり、ほとんどかそれに付いていくので、それを外から観るのがとても好きです。

娘の恋に興味深々の母です。

21歳の娘。今年めでたく社会人となりました。

仕事柄、女性ばかりの職場。

なかなか男性との出会いがありません。

短大時代はちょくちょく合コンには参加しておりましたが

なかなか上手くいかず…未だ彼氏は愚かきちんと好きな人さえ出来たことがありません。

娘の趣味でもあるk-POPアイドルの追っかけに日々勤しんでおります。そしてライブがあれば全国各地遠征をして、完全なるオタクです。母としては悲しさハンパありません。そして心配でなりません。

ところが、先日。

職場の先輩のお誘いで、遊びにいきました。

そんなに仲が良いわけでもなく、断れないので、あまり乗り気ではなく半ばイヤイヤいったのです。

がなんと!

メンズが数名参加。娘は何も知らされてなく、いきなりの合コンが始まったそうです。

戸惑う娘。こんなことならもっとちゃんとした格好で行けば良かったとショックを受けておりました。

そのメンズの中に1人お気に入りを見つけた娘!

今までの合コンで1.2を争うレベルだったそう。

そのお気に入りとなんとLINEを交換できたようです。

それからというもの、毎日のようにLINE。

ご飯や映画に誘えば来てくれるものの、すべて娘発信。

なかなか相手から誘ってもらえなく、イマイチ彼の気持ちが分からないと悩んでおります。。

私としては、どうにか成就してほしいのですけどね。

さて。

娘の恋の行方は??

最近、中学の時の友達と沢山会う様になりました。私たちは20代のアラサーで、そのうちの1人だけが子供がいます。その友達の子供たちに癒されながら、私たちは毎回会ってお互いの将来について語ったりするのですが、その時に言葉にするのが「赤ちゃんが欲しい」です。20代後半は、出産適齢期なので、自然に子供が欲しくなるので、友達の赤ちゃんを見ては、欲しいと言い、今の恋人についても話ています。私も、実はこの歳になって今まで以上に赤ちゃんが欲しいと思っています。

もともと、自分のキャリアの方が有線で痛いし、海外に旅をしながら生活をしているので、子供はいなくても、良いと考えています。しかし、今この時期になって、子供の事を考えると、悩みます。もちろん子育てをしながら旅をする事も良いですが、子育てを考えると、やたらと旅はできません。そこで考えたのが、30後半になっても子供がいなかった時に養子をとると言う事です。もともと自分の子供が居ても、養子は考えていたのですが、自分に子供ができなくても、世の中には沢山の子供たちが家族と暮らす事を待っていると考えると、今焦って子供を産まなくても、本当に子供が欲しければ、きっと養子縁組で子供も助ける事ができるのでは無いかと、ふと思ったオフの午後でした。アラサーの悩みは続きます。

今日のお昼は、アジのフライを食べました。アジのフライって私の中では二番目くらいにすきな魚です。一番好きな魚はたらなのですが、たらはそのまま食べるとアジが薄いので、よく鍋などにいれてたべています。それからチーズと一緒に蒸して食べると美味しいですし、野菜と一緒に蒸すと美味しいですよね。

私は1日1食は必ず魚を摂るように心がけています。なので、今日はお昼に食べたので夜はお肉でも良いかなと思っています。今は実家にいるので母が作ってくれています。とても甘えていますが、アパートに戻ったら自分で全てやらなければならないのでしっかりと行おうと思っています。

やっぱり健康になるには毎日の食事が一番大事だと思うので、毎日しっかりと栄養を撮りたいと思います。みなさんは好きな魚はなんですか?あ、それからブリも私は好きですよ。ぶりはとても実がプリっとしたものが好きです。ブリは見がたっぷり有る方が美味しいですし、やっぱり寒ブリは最高ですね。

寒ブリは食べないと損だと思います。みなさんはブリは好きですか?ブリはトマトケチャップで玉ねぎと会えても美味しいんですよ。これは妊婦の時に妊婦クッキングというもので教えてもらいました。

職場に制服がないと、女性は毎日着る服に困りますよね。

先日、勤務先の社内メールで仕事場での私服に関する注意が来ました。

書かれていたのは「派手じゃないこと」「お客様に不快感を与えないこと」の二つだけ。

派手すぎないようにというのはまだわかりますが、不快感を与える与えないは、見る側によるので、お客様からクレームが来てしまえばどうしようもありません。

この注意メールもクレームがどこかであったから来たのかもしれませんが、しかし、注意点がすごく曖昧で…更に悩むことになってしまいました。

私の勤務先は事務系ですが、一部接客もあるためか、良識は求められて当然だと思います。

とは言っても基本的には服装自由の仕事場です。

少数ではありますが、真っ赤なブラウスや、柄物のワンピースを着ている人もいるのです。

女性のおしゃれは服装だけでなく、髪型、メイク、アクセサリーも楽しみですが、明るい茶髪に濃いメイク、ネイルアート、ピアス等々…やはり派手すぎるのでは?と思うような人がいます。が、指摘はされないようです。

私はそんな勇気がなく、いつも同じような地味な服を、仕事用にと何着も買って着回しており、髪色その他目立つものは避けて無難に済ませています。

毎日スーツ、といったように決まった私服を自分で制服化してしまえば良いと言われたりもしますが、そうすると今度は周囲から「毎日同じものを着ている」と陰口を言われたりするので面倒です。

実際パンツスタイルから気分転換にスカートを履いていった日に「彼氏できたの?」と直球で言われ、参りました。

お客様だけでなく、同僚や上司の目を気にしなければならないのも、女性特有の悩みですね。

でも、そもそも仕事をする場所ですから、そんなことでストレスを溜めても無意味ですよね。

今後は周囲の目をあまり気にせず、徐々に好きなアイテムを取り入れて、仕事中も気分良く過ごせるような適度なおしゃれを模索していく良い切っ掛けになったかもしれません。

秋ドラマが始まりましたね、自分は今回4本のドラマが気になりました、自分が気になるの内ドラマ2本の作品にお笑い芸人出ています。

まずはフジテレビ系列の黄昏流星群、佐々木蔵之介演じる銀行の支店長、部下の不祥事で物流会社へと異動し新たな職につきその間に旅行先で謎の女性を演じる黒木瞳さんとの出会いで新たな恋の予感という流れになってしまいます。

異動先にいた経理課長役になんと中川家の弟の礼二なのです、礼二はいつものように電車の車掌さん、大阪にいそうな変なおっさん、お兄ちゃんの剛と一緒に大阪のおばちゃんなどのネタを演じています。

経理課長役でも関西人出しまくりな口調で会社にいる社員達を面白くしてそうな感じで、今後どのような演技になるのかが注目です。

次に大恋愛~僕と忘れる君を、戸田恵梨香が演じるレディースクリニックの女医、エリート医師役のTOKIO松岡と婚約中なのに無愛想の売れない小説家役のムロツヨシとの出会いで物語が大きく変わっていき、彼女は若年性アルツハイマーにかかってしまうという内容です。

ムロツヨシが働く引っ越し業者の上司役にサンドウィッチマンの富澤さんが出ています、ネタやっている時は爆笑をとるボケをしてますが、富澤さんの役は厳しいけどなんか穏やかな人柄なので回りを楽しませそうな人なので気になります。

何だか長い間移転について、ガチャガチャ言っていたけど、ようやく豊洲に移転が行われたらしい。

一体なんだったんだろう。

土地がとか言いながら、結局都知事が代わって、ワーワー騒いで税金を一杯使って、何の解決もないまま終わったのだろうかな。

それでも、これから何か変わるのだろうかなあ。

少なくとも、近所のスーパーでは昨日も今日も同じように魚を売ってるし、今年はサンマがやすいとテレビで言っているけど、これが豊洲の移転となんも関係ない。

いや、豊洲の移転の影響で値段が下がっただの、上がっただのと言う話は聞かないような気がする。

そう、サンマを買うのに、残念ながら豊洲市場は私には何も関係のない事で終わってしまうのです。

そう言えば、「お魚屋さん」を見かけなくなって久しい気がする。

ああ、違うね、お魚屋さんがあるような、所謂商店街のあるような通りを通らなくなって久しいんだ。

昔は何だか駅前から家に帰るのに、いわゆる商店街を抜けて行った記憶があるのだが。

そう、ゴムホースが道まで広がり、色々な魚が並べられていたお魚屋さん。

何だか、そんな店はもはや都会には存在しないのだろうか。

地方に行けば、今でも変わらずに営業しているのかな。

うーん、今では魚もスーパーでしか買わないし、もはや記憶の中だけの存在になってしまっているのかな。

そう考えると、豊洲市場の移転って、昔ながらのお魚屋さんには意味のある事なのだろうか。