コンテンツへスキップ

今からすでに楽しみな高校野球夏の100回記念大会

今日は春の選抜の決勝戦で大阪桐蔭が前年の春の大会に続いて優勝して連覇を成し遂げました。

この大阪桐蔭校は前年の夏の大会でベースを踏み忘れるという敗戦がありましたが、まともに試合をすれば一体どこが勝てるのだろうかと感じさせる戦いぶりでした。

今大会でも準々決勝までの試合は投手は完璧、打線はみんなが打つ、ノーエラーと完成度が高すぎる感じがします。

準決勝、決勝はさすがに少しミスも出て、接戦のゲームになりましたがきちんと勝ってしまうあたり貫禄の強さを感じます。

一体この大阪桐蔭をどのチームが倒すのか今から夏の大会が楽しみで仕方がありません。

今年は春の選抜が90回記念大会、夏が100回記念大会と記念大会の年です。

甲子園でこれだけの強さを見せ付けた大阪桐蔭ですが、大阪は激戦区なので予選も注目です。

100回記念大会なので大阪からは北大阪と南大阪の2校が代表高になりますが、大阪桐蔭は北大阪です。

北大阪には近年の大阪の野球を大阪桐蔭とともに引っ張ってきたといえる履正社高をはじめ、多くの強豪高がひしめきます。

最大の楽しみはこの大阪桐蔭をどのチームが倒すのかですが、東北勢の甲子園優勝高がいつ出てくるのかなども今から楽しみになっています。