コンテンツへスキップ

手足口病の流行

何故か、我が子のクラスでは手足口病が流行っているらしいです。

もう冬で寒いしとっても空気が乾燥しているというのに、何故、夏に元気なウイルスが猛威を振るっているのか不思議です。

ともあれ、我が子も、もれなくそのウイルスをもらってきて見事に典型的な症状が出ました。

手と足と口に、発疹が出来たのです。

しかし、とっても軽いもので熱もないし元気なので何の問題もありませんでした。

土曜に手足口病だと気付いたものの、月曜は問題なく学校に行けるため学校に知らせるべきかと悩みました。

しかし、調べると一応学校に知らせて登校届を提出した方が良さそうでした。

それに隠すのも嫌だしまだ残ってる発疹を見つけて先生が心配してもあれだし、と悩んだ挙句、連絡帳に病院で登校して良いと言われたと記入して登校届を出す事にしました。

帰宅した息子の連絡帳には、先生から、クラスで手足口病が大流行しているのですが、運良く息子は1日もその理由で欠席する事はなかったので登校届は必要ありません、という事でした。

平日の朝に気が付いていたら確実に休ませていたから、ある意味うちは運が良かったのかなあと思いました。

もしかしたら、本人は土曜の前に、何か赤いプツプツがあるのに気付いてたのかもしれませんけどね。

大した事ないと言うのを忘れてた、というのは良くある話なのです。